緊急事態宣言における自粛の効果の検証が必要だ

  • 2020.05.19 Tuesday
  • 20:03

政府は自粛の効果を検証することもなく延長を決定

 

政府は新型コロナウイルス感染症対策として緊急事態宣言を発令し、国民は4月8日から5月6日までの期間自粛を余儀なくされた。しかも政府はその間の効果を十分に検証することなく、5月末までの延長を決定した。

 

政府は人と人との接触を8割減らさないと医療崩壊や感染者の爆発的な増加(オーバーシュート)を招き、社会が大混乱になると、半ば国民を脅してきたが、その根拠となったのが、厚生労働省クラスター対策班の一員である北海道大学の西浦博教授の試算だ。

 

この試算は、何も対策を取らない場合、国内で重篤者が85万人、死者は42万人にも達するという衝撃的な内容で、色々なところで取り上げられたので知っている人も多いはずだ。

 

人との接触を「最低7割、できれば8割減」をスローガンに国民に自粛を強制してきたわけだが、その結果は、効果はどうだったのか?これを十分検証することなく政府はズルズルと緊急事態宣言の延長を決定した。

 

感染状況から逆算した接触率と実際のデータを比較せよ

 

 

厚生労働省のホームページによれば、5月19日0:00現在での新型コロナウイルス感染者は16,365人、入院者3,566人(うち重症者213人)、退院者11,884人、死亡者763人となっている。

 

対策が無ければ42万人が死に、人との接触を8割減らせば1か月で収束すると計算で出したのであれば、自粛期間中、および現在の感染状況、被害状況から逆算してこの間の接触率を計算で出せるはずだ。そしてその数字を実際のデータ、つまり携帯電話会社のデータと比べれば、その計算方法、試算が妥当かどうか判断できるはずだ。

 

その結果によっては、自粛しなければならないという根拠がなくなる、つまり自粛そのものに意味がないという結論が出ることも十分考えられる。

 

うやむやに終わらせては絶対にいけない

 

今回の新型コロナウイルスに関して、当初から過剰な反応、過度な自粛は必要ないと言ってきた人は少なくない。しかしそうした人の中にも、緊急事態宣言が解除されればそれでもう終わりと喜んでいる人がいるようだが、ここをうやむやに終わらせてしまうことは絶対にしてはいけない。

 

日本人は終われば何でもすぐに水に流してしまいがちだ。十分に反省しないからすぐにまただまされたり、同じ過ちを犯してしまったりしてしまう。

 

もし仮に緊急事態宣言が間違いであったのであれば、政府にそれをハッキリと認めさせなければいけない。そうでなければ、例えば秋にでもまた感染者が増えればまた何を言い出すか分からないし、感染症とは別の事柄についても、こんな酷いことが平気で繰り返されてしまうだろう。

 

私たちは断固として政府に緊急事態宣言における自粛の効果の詳細な検証を求めなければならない。

マスクの配布はやめるべきだ

  • 2020.04.11 Saturday
  • 12:03

政府は国民の不安解消のために布マスクを全ての世帯を対象に配布しようといているようだが、やめるべきだ。色んな意味で馬鹿げているからだ。

マスクにウイルス感染を防ぐ効果はあるか

一般のマスクではウイルスによる感染を防ぐ効果はほとんどないとされている。マスクの網目の大きさに比べてウイルスの大きさが極めて小さいからだ。一方で、マスクは感染している人が他の人にうつしにくくする効果が期待されるとも言われている。

つまり、予防はできないけれど、感染している人が他の人にうつさないためのエチケットとしてマスクをしたらいいのではないかという話だ。これは厚生労働省も以前から言っていることだ。

さて、それでは、コロナウイルス対策として、行列に並んでまでマスクを買い求めたり、ネットのフリマアプリでマスクを高値で買ったりしている人は、周りの人にうつさないためにマスクを買おうとしているのだろうか?そんな事はないだろう。皆自分たちの身を守ろうとしてマスクが求めているのだ。

誰がこんな情報を流したのか

SNS上で「トイレットペーパーがなくなる」という噂が流れたのと同じように、「マスクが足りなくなる」という情報が流れたのかどうかは知らないが、マスクがウイルス感染の予防に役立つ、マスクは必要だという誤ったメッセージを国民に強く与えた責任は政府とマスメディアにある。

感染予防のためにやれることがたいしてないので、とりあえずきちんと手洗いして、マスクを着用しましょうと繰り返し言ったために、国民にマスクは必要なのだという大きな誤解を与えてしまった。

言う方からすると、マスクはしても、しなくてもそれほど害はないだろうからいいだろうという軽い気持ちで考えているのかもしれないが、非常に軽率な行為だ。

たとえ考えればすぐに分かるような誤解であっても、一度広まった情報・知識はそう簡単には消せない。その結果、マスクが極度の品切れ状態となり、慌ててマスクの転売を禁止するなどという失態を演じてしまった。

少しでも不安を解消するために?

そして今度は、実際にはほとんど役には立たないけれど、役に立つと信じ込んでいる人のために、少しでも安心感を与えるために、手間とお金(500億円弱?)を使って布マスクを配るという。

つまり、適当な事を言って自らでマスクを足りない状況にしておいて、あっても無くても特に意味はないけれど、無いと不安だろうから皆さんにマスクを配りますよねという話だ。馬鹿げているというか情けない。恥の上塗り。ホントやめてほしい。ほとんど漫画だ。

これからの感染症との付き合い方

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 20:03

 

新型コロナウイルスの感染拡大

中国武漢から始まったとされる新型コロナウイルスの感染が拡大し、中国国内で広まった後、日本などの東アジア、アメリカ、ヨーロッパなどへとさらに感染拡大が続いています。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルス感染症の流行がパンデミックとみなせると発表しました。人、モノ、金が世界中を移動するグローバル化の中では、いったん広まった感染症を封じ込めるのは容易ではないでしょう。

報道によれば感染者の8割が軽症ということで、取りあえずホッとしますが、日本政府はオリンピック・パラリンピック開催のことがあるので、少し冷静さを失っているというか、なりふり構っていられないという感じのようです。感染拡大の防止策の影響で仕事や学校、レジャー、日常生活のあらゆる所で大きな影響が出ています。

 

どうリスク管理するか

大事なのは危険度の判断

地震や台風、火山噴火などの自然災害と同じように、感染症の被害をゼロにすることはできません。病気の感染が起きた時に、いかに被害を少なくするかというリスク管理が大切となります。

この時大事になるのが、その病気の危険度を判断することです。既知の病気であればそれほど難しくないでしょうが、未知の、新しい病気の場合は容易ではありません。

しかし当然ですが、ここが一番重要となります。人がバタバタ死んでいく病気と、熱が出て数日苦しいけれどそれで済む病気とを一緒に扱うことはできません。

 

健康で若い人も重症化しているかどうか

さらに判断する際に大切なのが、病気で死んだり、重症化したりする人の数だけでなく、その内容を見ることです。つまり、高齢者や基礎疾患を持っているような免疫力が低いとされる人たちだけでなく、平均的な免疫力を持つと思われる人たち、すなわち、健康で比較的若い人たちも重症化しているのかどうかを考慮して危険度の判断を行うべきだということです。

なぜなら、免疫力が下がっている人は普通の人ならば何でもないような病気でも重症化しやすいので、そういう人たちを含めた全体の重症者数・死亡者だけで病気の危険度を測ることは難しく、対応を考える上でもさまざまな問題が生じるおそれがあるのです。またそうした数字は一般の人には、事態がより深刻であるとの誤解を生みやすいということもあります。

ちなみに、人口動態統計の死因順位別にみた死亡数を見てみると、平成30年は上位5つが悪性腫瘍(がん)、心疾患、老衰、脳血管疾患、肺炎の順になっていますが、5位の肺炎で亡くなった人9万4千人余りのうち、その98%が65歳以上となっています。

死因順位別にみた死亡数(平成30年)

 ◆ 悪性腫瘍 373,584人

 ◆ 心疾患 208,221人

 ◆ 老衰  109,605人

 ◆ 脳血管疾患 108,186人

 ◆ 肺炎  94,661人

(厚生労働省人口動態統計から)

 

危険度が低ければ過剰反応しない

封じ込めには必ずしも固執しない

人やモノの移動が激しい現代社会では、さまざまな危険度の感染症が、昔に比べて短いスパンで、しかも大小さまざまな規模で流行する恐れがあります。お金と時間に余裕があることもあり、免疫力が低い高齢者が海外を含め色々な所を移動・旅行することも多く、感染症のリスクはより高まっていると言えるでしょう。

病気に対する免疫力は、病気ごとに、人種や民族、年齢、生活習慣などによって異なりますし、もちろん個人差もあります。それらも考慮に入れた上で病気の危険度を判断し、各国が必要な対策を考えることになりますが、大事なことは、今の生活の利便性と感染症による被害のリスクとのバランスをどのように取るかということです。

台風に例えて考えてみます。令和元年の台風19号のように、超大型で甚大な被害が予想されるような台風の場合は、経済活動を一時停止してでも事前に十分な対策を取って備える必要があるでしょうが、例年何回か通過するような中小規模の台風に対して同じように対応するのは現実的ではありません。

同じように感染症でも、危険度が高ければ徹底的に封じ込めを図る必要がありますが、それほどでもなければ過剰には反応しないことです。つまり、そういう場合には、社会全体の感染防止に力を入れることには固執しない方がいいということです。

完全に抑え込むというのは非常に大変ですし、危険度が低いのであれば、そもそも大した意味がありません。むしろ免疫力が低い人に限って隔離や検査等の対策を取る方が効率的であると言えます。

 

感染症のリスクとうまく付き合う

感染症の対策では、初期対応が何よりも重要です。檻から逃げ出したのが虎なのか、サルなのか、或いはウサギなのかが分からないうちは、虎が逃げたと仮定して対応しなければならないでしょう。

次は危険度の判定です。この判断に基づいて対策を考えるわけですが、闇雲に抑え込もうなどということは考えないことです。危険度が高くない場合は過剰に反応しないことが大切です。

現代の世界状況を考えると、感染症の脅威は今後さらに増大するでしょう。一回で終わりではありません。何回も起こります。とんでもなく危ないと思われるモノでない限り、通常の生活を送ることを前提にし、必要であれば免疫力が低い人の対策を考えます。

季節性のインフルエンザでも直接の原因とするものだけで、日本で毎年数千人の人が亡くなっています。大したことがない感染症であれば、むしろ罹って免疫を付けた方がいいくらいです。感染症のリスクとうまく付き合っていくことがこれからは必要となるでしょう。

(会報誌「満月」2020年3月号)

千葉市立海浜病院で周産期医療のオープン、セミオープンシステムをやっているそうです

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 15:58

1年前の資料になりますが、千葉県の周産期医療体制整備計画の資料(平成28年3月)を見ていたら、千葉市立海浜病院や東京女子医大八千代医療センターで周産期医療のオープンシステム、セミオープンシステムを行っているとの記載がありました。

 

えっ!こんなにやっているの!?

 

しかも、他の施設は連携施設数が1〜十数程度なのに、千葉市立海浜病院のセミオープンだけ連携施設が188施設になっています。188って、地域のほとんどの周産期医療施設が含まれる数じゃないのかなぁ?本当にこんなにやっているのだろうか?厚生労働省の平成25年周産期医療体制調査と書いてあるけれど・・・。

3年経ってどう変化したか分からないけれど、こんなにやっているなら、嘱託医療機関でうちの枠を超えるようなことがあったら、うちも万一の時の転院や搬送を海浜病院に頼みたいなぁ。どうなんだろう?助産院は門前払いということにならなきゃいいのだけれど・・・。

 

ただ一般論としても、地域の周産期母子医療センターとして、それなりに税金を使って整備しているわけだから、当然こういう役割も求められるわけで、できるかぎりやってほしいと思います。

 

ところで、前々から思っているのですが、千葉大は周産期医療に関して、どういう位置づけ、役割を果たしているのですかね。大学病院なのにね。よくわからん。

政治とカネとポスター

  • 2016.02.15 Monday
  • 16:52

先日、甘利経済再生担当大臣が違法献金疑惑を国会で追及され大臣を辞任しました。政治とカネの問題です。野党はここぞとばかりに攻勢をかけていますが、正直またかという感じです。またかというのは、政治とカネの問題が起きたことがまたかというのではなく、国会で議論の中心がそれになってしまうことに対してです。

議員や秘書が金をもらって口利きみたいなことをしたとしたら、もちろん許されることではないと思いますが、企業献金を認めている限り、所詮この問題はなくならないはずです。役者は違うけれど、毎回同じ劇を見せられているようで本当に嫌になってしまいます。
私たちが国会で議論してほしいのは政策のことであり、そんなことが毎度毎度繰り返されるのは意味がないと言うか、せっかくの時間が本当にもったいないです。

企業は利潤追及を目的とする団体ですから、お金を出す以上は見返りを求めるのはごく当たり前、というかむしろそうでなければおかしい話です。だから献金は野党ではなく、当然政権与党に集中するのです。誰でも分かる話です。民主党が政権を取って企業献金を容認したのは、お金が入ってくるのが分かっていたからでしょう。でも、これを認めていたら、こうした政治とカネの問題はいつまでたってもなくなりっこありません。公平な競争が阻害され、金を持っている人たちがその金を使って、自分たちをより有利で安定的な立場に置こうとする社会は良くありません。教科書会社が教員にお金を渡していた問題を見ても分かるように、競争相手に勝つためには、みんな本当に何でもやりますよ。

やはり、私は企業による政治家への献金は禁止すべきだと思います。そしてこんなくだらないことに時間を割くことは早くやめた方がいい。街を歩いていると政治家の顔写真入りのポスターが至るところに貼ってあるのを見ます。とにかく、まずは顔と名前を覚えてもらおうということなのだろうとは思うけれど、いったい、これにいくら位のお金がかかっているのだろうかと思う。政治にはカネがかかるとよく言われるけれど、その多くが、国民にとってみればどうでもいいようなことに使われている気がしてなりません。これを見るたびに何か嫌な気分になっちゃうのは私だけでしょうか。

レジ袋有料化の流れ

  • 2015.04.16 Thursday
  • 08:43
昨日、法務局に行った帰りに久しぶりにミスターマックスに寄ったら、今月末からレジ袋が有料になるというお知らせが出ていました。トライアルも先月から有料になったし、いよいよレジ袋も有料が当たり前の時代になりそうです。

12〜13年前だったでしょうか、ごみゼロの会でレジ袋の有料化についてのアンケートをした時は、他がタダでやっている中で自分の所だけ有料にしたらお客の減少につながるという理由で、ほとんど小売店が有料化には消極的でした。しかしイトーヨーカ堂やイオンといった最大手が有料化した今、その他の店でも有料化に踏み切る環境はできたといえるのでしょう。

タダでもらえるものは有難味がなくて、ぞんざいに扱われがちです。有料化でモノを大切にする意識がみんなに広がればいいと思います。うちではレジ袋はこれまでも常に再利用して、そのまま捨てたことは一度もないけれど、家族ともども、よりモノを大切に使うきっかけにしたいです。そもそもタダでもらえるといっても、実際には価格に転嫁されていて、本当の意味でタダだったわけではありません。お店には、有料化でコストを削減した分を、商品の価格や質に良い方に反映してもらいたいものです。

政治カフェに参加

  • 2015.03.08 Sunday
  • 00:14


今日は政治カフェに参加しました。先月21日に続いて2回目です。市長も顔を出すということで今日はたくさんの人が集まりました。

当たり前のことですが、皆それぞれ関心事が違い、またいろいろな意見を持っているわけで、そうした異なる視点でのお話をたくさん聞けて、今日はいい勉強になりました。春の統一地方選が近いということで開催されたわけですが、選挙のあるなしに関わらず、こういう話し合いの機会を設けることは大切なことじゃないかと思います。選挙権の年齢も引き下げられるようですし、若い人も参加して話し合いができればもっといいです。

HPVワクチン副作用の追跡調査

  • 2014.09.08 Monday
  • 13:16

HPVワクチン(いわゆる子宮頸がん予防ワクチン)は、接種後に薬の副作用を思われる被害が全国で相次いだため、現在積極的な接種勧奨が差し控えられています。


厚生労働省によると、ワクチン接種後に、原因不明の痛みや運動障害などの重い副作用の訴えが200912月から今年3月末までに計176件報告されていますが、厚生労働省は、このほどHPVワクチンの接種後に体の痛みなどの重い副作用を発症した全患者の追跡調査を行うことを決めたそうです。

副反応は、接種時の痛みからくるものだとして、十分な調査もないままに、早期に通常の接種に戻すというようなことが一時報道され、心配しましたが、より細かい調査が行われることになったことは良かったです。

 

大臣も会見で話していましたが、どんな薬にも副反応があり、そこから得られるベネフィット(利益、恩恵)がある一方で、薬のために余計に体調を崩したり、病気になったりするリスクが常にあります。ベネフィットがリスクを上回ると考えれば接種する意味はありますが、リスクに比してベネフィットが小さい、或いはそのリスクを受け入れることが難しいと考えるならば接種を実施しない方がいいということになります。

病気が流行して、健康被害が大きい時は、予防接種のリスクが少し高い場合でも、あえて実施しようかということになるかもしれません。また病気がほとんど流行していない一方で、予防接種の副作用による健康被害があるというのであれば、接種をやめようかという話しになるのが自然です。

 

いずれにしても、国は予防接種を実施するかどうか、社会全体としてどちらが得になるかバランスを考えて判断することになります。もちろん経済的な事情や利害関係も大きく影響するでしょう。

 

国民は個人としてどちらが得か考える必要があります。厚生労働省のホームページに子宮頸がん予防ワクチンQ&Aにも、

「実際に予防接種を受ける際は、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解した上で、受けるかどうかご判断ください。」と書かれています。

 

ちなみに、このQ&Aには、ワクチンの子宮頸がん予防効果について次のようなことが書かれています。

 

(問)子宮頸がん予防ワクチンについて、がんを予防する効果は証明されていないと聞きましたが、本当ですか?

(答)子宮頸がんは、数年から数十年にわたって、持続的にヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した末に発症するとされています。子宮頸がん予防ワクチンは、新しいワクチンなので、子宮頸がんそのものを予防する効果はまだ証明されていません。しかし、持続的なHPVの感染やがんになる過程の異常(異形成)を予防する効果は確認されており、これらに引き続いて起こる子宮頸がんを予防する効果が期待されています。

 

「子宮頸がん予防ワクチン」という名前はいくら何でもいいすぎじゃないのかという人も居ます。効果がはっきりしない上に、ワクチン接種後に重い副作用を発症した人が多いとなると、やはり少し慎重にならざるをえないように思います。できるだけ早期にきちんとした調査結果が出されることを期待しています。

 

厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンQ&A

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/qa_shikyukeigan_vaccine.html

 

HPVワクチンの有効性・安全性について考える

http://osan-kojo.com/column/01_130510.html

品質保持期限切れ食肉の問題から見えること

  • 2014.09.02 Tuesday
  • 14:36
少し前になりますが、上海の食肉加工会社が品質保持期限が切れた食肉をマクドナルドやファミリーマートなどに出荷していたことが問題になりました。同社は品質保持期限の過ぎた食肉を使用していただけでなく、商品の品質保持期限を書き換えたり、返品された商品をミンチにして再利用したり、あるいは冷凍保存が必要な商品を常温で保存していたりするなど商品の品質管理が極めてずさんだったそうです。

コンビニやスーパーなどでいろいろな弁当や総菜が売られていますが、どこのどんな材料が使われているのかを考える事はあまりありません。調理や盛り付け自体はすぐそこで行っているので、材料もそこら辺のものを使っている印象がありますが、実際にはできるだけ安く、なおかつ安定的な供給を確保するために、外国の様々な原材料が使われています。輸入食肉というと牛肉というイメージがありますが、豚肉も50%近く、また鶏肉も30%程度輸入しています。スーパーではそれほど多くは見かけませんので、外食や総菜、弁当などに多く使われているということになるのでしょう。

ミートホープや事故米の事件などもありますので、国内で加工されたものなら安全と言うことはできませんが、外国産のものが増えれば、やはりそれだけ目が行き届かないものが増えていくというのは当然のことでしょう。実際、そんな外国の会社の商品の品質を管理するということは難しいことですし、そんなことをしていたらコストがかかってしまって、わざわざ調達する意味がなくなってしまいます。

テレビのインタビューで、コンビニの役員らしき人が、「(品質管理等の)細かい取り決めはなかったのか」という質問に対して、「信頼関係で取引をしていた」と話す姿がありましたが、価格を抑えるということが至上命題である以上、大きな問題が起きるようなモノでなければ、細かい事は聞かない、よろしくやってくれよという意味での信頼関係だったのでしょう。

結局、外食や中食というのは手軽で便利だけれども、自分で材料を買ってきて家で作るのに比べて、いろいろな面でリスクがあると言うことです。特に加工の度合いが高いものは要注意です。粗悪な材料を、いろいろな添加物を使って加工、味付けしてそれらしく見せているということがよくあるからです。たまにはいいかもしれませんが、しょっちゅうというのは、さすがに考えものです。

そういえば、この話を聞いた時、ベネッセの個人情報流出の時のことを思い出しました。逮捕された元SEは、名簿を売る時に、買い手からどこから入手したか詳しく聞かれなかったそうです。そりゃあ、当然でしょう。そんな野暮な事は聞かないですよ。多少怪しいことは百も承知です。大事にならなければ問題ないということですから。

香りの問題

  • 2013.10.31 Thursday
  • 21:41
柔軟剤の香りが原因で気分が悪くなったという苦情相談が増えているそうです。
国民生活センターによると、2012年度は2008年度の4倍以上だったそうです。
うちでも最近、ベランダで洗濯物を干していると、上下あちこちから甘ったるいような臭いがしてきて堪らなくなることがあります。寒い時期は窓を閉められるのでまだいいですが、夏になったらどうしようかと今から心配しています。

子どもが持ち帰って来る給食の白衣も、すごい臭いがして大変です。タバコの臭いが嫌いな女性は多いと思うのだけれど、ああいう臭いは平気なのだろうかと不思議に思います。

ところで、そういう臭いに一番敏感で嫌がっていた高校の長女が、最近いろいろと臭いのする物を使って困っています。
天然パーマの長女は、小さい頃近所の子にさんざんからかわれたせいで、とにかく髪をストレートにしたいという気持ちが強いらしいのですが、そのために使うシャンプー?みたいなものがとてつもなく臭って大変でした。
長女に「臭いからやめて」と言っても、とぼけてしばらく続けていました。そういう時もあるかと、数日は我慢したのですが、気分が悪くなってとても耐えきれず、なんで俺がこんなことに我慢しなくちゃいけないんだと思ったら怒りが湧いてきて、「今度使ったら携帯解約するから」と怒鳴ったら、やっとおさまりました。
いや、本当に臭いは我慢できないと思いました。大変な世の中になりました。