政治とカネとポスター

  • 2016.02.15 Monday
  • 16:52

先日、甘利経済再生担当大臣が違法献金疑惑を国会で追及され大臣を辞任しました。政治とカネの問題です。野党はここぞとばかりに攻勢をかけていますが、正直またかという感じです。またかというのは、政治とカネの問題が起きたことがまたかというのではなく、国会で議論の中心がそれになってしまうことに対してです。

議員や秘書が金をもらって口利きみたいなことをしたとしたら、もちろん許されることではないと思いますが、企業献金を認めている限り、所詮この問題はなくならないはずです。役者は違うけれど、毎回同じ劇を見せられているようで本当に嫌になってしまいます。
私たちが国会で議論してほしいのは政策のことであり、そんなことが毎度毎度繰り返されるのは意味がないと言うか、せっかくの時間が本当にもったいないです。

企業は利潤追及を目的とする団体ですから、お金を出す以上は見返りを求めるのはごく当たり前、というかむしろそうでなければおかしい話です。だから献金は野党ではなく、当然政権与党に集中するのです。誰でも分かる話です。民主党が政権を取って企業献金を容認したのは、お金が入ってくるのが分かっていたからでしょう。でも、これを認めていたら、こうした政治とカネの問題はいつまでたってもなくなりっこありません。公平な競争が阻害され、金を持っている人たちがその金を使って、自分たちをより有利で安定的な立場に置こうとする社会は良くありません。教科書会社が教員にお金を渡していた問題を見ても分かるように、競争相手に勝つためには、みんな本当に何でもやりますよ。

やはり、私は企業による政治家への献金は禁止すべきだと思います。そしてこんなくだらないことに時間を割くことは早くやめた方がいい。街を歩いていると政治家の顔写真入りのポスターが至るところに貼ってあるのを見ます。とにかく、まずは顔と名前を覚えてもらおうということなのだろうとは思うけれど、いったい、これにいくら位のお金がかかっているのだろうかと思う。政治にはカネがかかるとよく言われるけれど、その多くが、国民にとってみればどうでもいいようなことに使われている気がしてなりません。これを見るたびに何か嫌な気分になっちゃうのは私だけでしょうか。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM