学校の組み体操はもうやめたらどうですか

  • 2016.02.18 Thursday
  • 11:46

日本スポーツ振興センターによると全国の小中高校での組み体操の事故が2011年度以降、毎年8000件を超えているそうです。脊椎や骨盤の骨折など重大な事故も80件以上起きているといいます。毎年だから、本当に大変な数字です。だいぶ前から言われている話ですが、怪我をするのが分かっているのに、いったいどうしてそんなにやらせたいのでしょうか?

 

誰が?

 

たぶん積極的にやりたいと思っている児童生徒はほとんど居ないか、あるいは居てもほんの少しであろうに・・・。

 

一方、千葉市では27年度に行われた運動会の組み体操で10人が骨折し、そのほとんどが腕の骨折だといいます。四つ這いで重なるピラミッドや肩に乗るタワーでの事故です。市の教育委員会は安全性を高める方策を今後検討するそうですが、なかなか難しいのではないでしょうか。大阪市は対策として、当初ピラミッド5段、タワー3段の段数制限を行っていましたが、それでも事故は無くならず、結局全面禁止にすると発表しています。

 

組み体操は運動会の花形競技といわれたりもしますが、見ていて楽しいドキドキではなく、無事に終わってほしいというハラハラドキドキばかりです。親としては本当に気が気じゃありません。うちの子どもたち3人も何でやるのか、まったく意味が分からないと言っていました。子どもの話では、小学校の運動会の練習中に骨折した人を何人か知っているそうです。
 

誰か特定の人がやらせたがっているというより、前例主義で何事も変えられないのかなという気がしますが、子どもたちの危険を考えると、これ以上このままにして置くことは問題です。リスクを承知で、それでもすぐに変えられないのであれば、少なくとも保護者の同意書を取ってやるべきじゃないかと思います。うちは出さないと思いますけど。このまま放置しておいたら、千葉市もそのうち訴えられるのではないでしょうか。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM