自治会活動の縮小

  • 2016.03.14 Monday
  • 16:45

自治会の役員会で、来年度から小学校地区の行事活動への参加を取りやめることが決まりました。高齢化や行事役員の人手不足がおもな理由とのことです。小学校地区の大きな活動としては、夏の盆踊り大会や秋の市民体育祭などがあります。私たち家族はもっぱら参加するだけなので、そうした行事は楽しいばかりですが、役員として運営に携わるのはとても大変だと思います。同じ方が何年もずっと役員を担当していることも多かったので余計に負担も大きく、参加の中止もやむを得ない決定だったのだろうと思います。

 

ただ、そうしたイベントは子どもたちも楽しみにしていて、よく親子で参加していたので、参加中止のお知らせを聞くと、やはり寂しい気持ちになります。そういえば、子ども会が無くなったのはいつの頃だったでしょうか?長女の時にはあったのですが、下の2人が小学校に上がる前には無くくなっていました。地域の方たちとの交流は、学校での行事とはまた別の楽しさや発見がたくさんあるので、そうした機会がだんだんと減っていくことはとても残念です。

 

本当であれば、子育て世代こそ地域の活動に参加すべきものだと思うのですが、周りを見ていると積極的に参加している人はそれほど多くないという印象があります。子どもが塾やスポーツクラブ、音楽の習い事などで忙しく、とても地域活動に参加する余裕がないこともあります。また私自身もそうですが、子育て世代の親は皆忙しく、さらにもともと地元の人ではない人が多いため、自治会活動に積極的に参加しづらい面もあったりします。一般的な傾向としても、特に都市部では人間関係が希薄になり、近所隣人とほとんど付き合いがないことも珍しくなくなってきており、こうしたことも自治会団体の担い手不足に影響しているように思います。

 

防犯や防災、子育て支援、高齢者の見守りなどといった面からも、地域住民の協力・連携・交流の必要性は、むしろ今まで以上に高まってきています。自治体にとっても、住民の地域団体への参加を促す取り組みは、今後大きな課題になるのではないかと改めて感じました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM