千葉市立海浜病院で周産期医療のオープン、セミオープンシステムをやっているそうです

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 15:58

1年前の資料になりますが、千葉県の周産期医療体制整備計画の資料(平成28年3月)を見ていたら、千葉市立海浜病院や東京女子医大八千代医療センターで周産期医療のオープンシステム、セミオープンシステムを行っているとの記載がありました。

 

えっ!こんなにやっているの!?

 

しかも、他の施設は連携施設数が1〜十数程度なのに、千葉市立海浜病院のセミオープンだけ連携施設が188施設になっています。188って、地域のほとんどの周産期医療施設が含まれる数じゃないのかなぁ?本当にこんなにやっているのだろうか?厚生労働省の平成25年周産期医療体制調査と書いてあるけれど・・・。

3年経ってどう変化したか分からないけれど、こんなにやっているなら、嘱託医療機関でうちの枠を超えるようなことがあったら、うちも万一の時の転院や搬送を海浜病院に頼みたいなぁ。どうなんだろう?助産院は門前払いということにならなきゃいいのだけれど・・・。

 

ただ一般論としても、地域の周産期母子医療センターとして、それなりに税金を使って整備しているわけだから、当然こういう役割も求められるわけで、できるかぎりやってほしいと思います。

 

ところで、前々から思っているのですが、千葉大は周産期医療に関して、どういう位置づけ、役割を果たしているのですかね。大学病院なのにね。よくわからん。

コメント
コメントする