品質保持期限切れ食肉の問題から見えること

  • 2014.09.02 Tuesday
  • 14:36
少し前になりますが、上海の食肉加工会社が品質保持期限が切れた食肉をマクドナルドやファミリーマートなどに出荷していたことが問題になりました。同社は品質保持期限の過ぎた食肉を使用していただけでなく、商品の品質保持期限を書き換えたり、返品された商品をミンチにして再利用したり、あるいは冷凍保存が必要な商品を常温で保存していたりするなど商品の品質管理が極めてずさんだったそうです。

コンビニやスーパーなどでいろいろな弁当や総菜が売られていますが、どこのどんな材料が使われているのかを考える事はあまりありません。調理や盛り付け自体はすぐそこで行っているので、材料もそこら辺のものを使っている印象がありますが、実際にはできるだけ安く、なおかつ安定的な供給を確保するために、外国の様々な原材料が使われています。輸入食肉というと牛肉というイメージがありますが、豚肉も50%近く、また鶏肉も30%程度輸入しています。スーパーではそれほど多くは見かけませんので、外食や総菜、弁当などに多く使われているということになるのでしょう。

ミートホープや事故米の事件などもありますので、国内で加工されたものなら安全と言うことはできませんが、外国産のものが増えれば、やはりそれだけ目が行き届かないものが増えていくというのは当然のことでしょう。実際、そんな外国の会社の商品の品質を管理するということは難しいことですし、そんなことをしていたらコストがかかってしまって、わざわざ調達する意味がなくなってしまいます。

テレビのインタビューで、コンビニの役員らしき人が、「(品質管理等の)細かい取り決めはなかったのか」という質問に対して、「信頼関係で取引をしていた」と話す姿がありましたが、価格を抑えるということが至上命題である以上、大きな問題が起きるようなモノでなければ、細かい事は聞かない、よろしくやってくれよという意味での信頼関係だったのでしょう。

結局、外食や中食というのは手軽で便利だけれども、自分で材料を買ってきて家で作るのに比べて、いろいろな面でリスクがあると言うことです。特に加工の度合いが高いものは要注意です。粗悪な材料を、いろいろな添加物を使って加工、味付けしてそれらしく見せているということがよくあるからです。たまにはいいかもしれませんが、しょっちゅうというのは、さすがに考えものです。

そういえば、この話を聞いた時、ベネッセの個人情報流出の時のことを思い出しました。逮捕された元SEは、名簿を売る時に、買い手からどこから入手したか詳しく聞かれなかったそうです。そりゃあ、当然でしょう。そんな野暮な事は聞かないですよ。多少怪しいことは百も承知です。大事にならなければ問題ないということですから。

もうすぐ予防接種講演会

  • 2014.08.21 Thursday
  • 18:47
今度の日曜日、千葉市民会館で歯科医の臼田篤伸先生の講演会を開きます。臼田先生といえばインフルエンザに対する「ぬれマスク」で有名ですが、今回はおもに乳幼児を対象とした予防接種全般についてお話していただきます。3年半前も、国立感染症研究所の元主任研究官新井秀雄さんに同じテーマでお話いただきましたが、今回はどんな話が聞けるのか今から楽しみです。

定期接種に指定される予防接種の数が最近増えています。この秋にもまた増える予定です。一方で、予防接種の副作用と疑われる健康被害の報告も増えており、こちらは心配です。特にHPVワクチン(いわゆる子宮頸がん予防ワクチン)は接種後の被害報告が多かったため、現在予防接種の積極的な勧奨が行われていませんが、今後どうなっていくのか注目されます。

予防接種については、いろいろな考えがあるとは思いますが、たくさんの種類の異物を何回にもわたって、体内に直接入れるということ自体かなり大変なことで、リスクも当然あります。しかもそれがほとんど流行していない病気のワクチンだったり、常在菌に対するワクチンだったりすると、余計に打ったほうがいいのかどうか悩んだりするわけです。何回も来る手間を省くために、最近は4種混合のワクチンもあるそうですが、何かあった時にそれこそ原因は全くわからないだろうと思うと、さすがにちょっと怖いです。利害関係が一致する製薬メーカーと医師、役人とのつながり(癒着)も正直気になりますよね。

もっとも、私が今一番心配なのは、講演会の当日どれくらいの参加があるかですけれども・・。



夏休み

  • 2014.08.15 Friday
  • 13:33
長期予報では、今年は冷夏かもしれないという話もありましたが、予想は見事に外れ、梅雨明け後は毎日のように暑い日が続き、どちらかというと猛暑なのではと思ってしまいます。

というわけで、今年は結構泳ぎに行きました。7月の末に下の子2人と稲毛海岸の稲毛海浜公園プールに行き、8月の上旬には上と下2人と館山千倉の海水浴場に1泊2日の旅行に行きました。お盆は実家近くの市川市民プールに、下の子2人と2日連続で行きました。久しぶりにかなり焼けました。



海は数年前に家族全員で御宿に行った時以来でしたが、楽しかったです。千倉に宿を取ったので、2日とも千倉で遊ぶつもりだったのですが、館山が海がきれいでいいという話を聞き、急きょ途中で寄ることにしました。シュノーケルもできるということで、前日にスポーツ用品店で買ったのですが、それなりに楽しめました。波もそれほど高くなく、魚が泳いでいるのも見ることができてよかったです。沖縄とかだともっと楽しめるのだろうなあと思いました。



千倉の旅館に泊まり、次の日は千倉の海水浴場に行ったのですが、「うーん」という感じでした。御宿もそうでしたが、波が高くて水温が極端に低くて、日本海側の海に慣れている私にはあまり楽しめない感じです。サーフィンをやるにはいいのでしょうけど・・。外房の海はこういうものなのでしょうね。

子ども達は楽しんでいたし、私もそれなりに面白かったですが、遊ぶのも結構疲れます。子ども達に体力がついてきた分、自分が歳を取って、体力が落ちてきたことを痛感しています。ちょっと体力作りをしないといけないかなと思っています。仕事も遊びも体力だ。

幕内秀夫さんの講演会

  • 2014.08.11 Monday
  • 11:44



幕内秀夫さんの講演会「じょうぶな子どもをつくる基本食」を千葉市民会館小ホールで8月2日開催しました。給食の向上を目指す活動の一環として行っている講演会で、昨年10月に引き続き、2回目の開催です。暑い中、お子さん連れのお父さんお母さんや保育関係者、給食関係者などたくさんの方が参加してくれました。全体の大きな流れは前回と一緒ですが、途中で上映するDVDも違っていたり、また牛乳を試験的に中止する三条市の話題なども取り上げたりして、前回聞いた方でも、また為になる内容でした。

 

ただ、参加人数という面でみると、今回の講演会は成功とは言えませんでした。1回目の開催の時に比べて準備期間も長く、また新聞や地域のミニコミ誌のイベント情報などにも案内を掲載してもらえたので、前回より多くの人が集まってくれる事を期待していたのですが、思ったほど参加者が伸びず残念な結果となりました。事前申し込み自体多くはなかったのですが、参加費を振り込んだ事前申込者の約2割の人が来場しなかったというのはちょっと普通ではなかったです。夏休み期間中であること、猛暑が続いていたこと、また市民花火大会と日程が重なってしまったことなどが原因なのでしょうか。

 

幕内さんは、 NPO法人として、いろいろな活動の1つとしてやっているので力が分散してしまう、今回もあまり集まらないと思っていたと言っていましたが、私自身はその考えにはあまり納得していません。いずれにしてもこのままではダメなので、違うやり方を考えていかなければいけません。今回のことは、これまでを反省し、変わっていくチャンスだと前向きにとらえ、気持ちを切り替えて給食向上を目指す活動に取り組んでいきたいと思っています。

安部司さん講演会

  • 2014.07.11 Friday
  • 18:20

先日、生協が主催する安部司さんの講演会に行ってきました。安部司さんといえば、ベストセラーとなった「食品の裏側」の著者ですが、講演会で、実際に白い粉(食品添加物)を使い、その場でコーヒーフレッシュや豚骨スープ、無果汁ジュースなどを作ることでも有名です。
 

安部さんの講演会は7〜8年くらい前に一度行ったことがあり、今回が2回目です。実演は今回もやっていて面白かったのですが、安部さん自身も、講演中に「今日はあまり時間がないから」と何回か言っていましたが、全体的に急いでいる感じで、前回よりかなり慌ただしい印象がありました。構成を変えたのか、あるいは時間の制約が大きかったのか・・・。いまひとつ焦点がはっきりしなくて、少し残念な気もしましたが、それでも興味深い話がいろいろと聞けて良かったです。


食品添加物について批判的な発言をしている人はたくさんいますが、その中でも実際の現場にいた人はほとんど居なくて、そういう意味でも安部さんは貴重な存在です。また、“○○○は危ない!”的なことを言うのではなく、食品添加物は、消費者が求める「安い」、「簡単」、「便利」といった要望に応えるものであり、消費者の姿勢が改められなければ、食品添加物を大量に使用するこの状況は改善されないと繰り返し言っていることも安部さんが他の人と少し違う点だと思います。

 

食品添加物の用途はさまざまですが、コストを抑えるために使用しているケースが多く、それは結局、値段が安い商品を求める消費者の要請に応えているといえるわけです。食品添加物が好きな人はそういないと思いますが、添加物を減らした場合、値段が1.5〜2倍になるとしたら、添加物が多くても安い方を選ぶ人が多いのではないでしょうか。実際に、包装されている食品は、原則すべての原材料が表示されているわけですから、多くの消費者が、食品添加物は多いけれど安いという商品を選択しているのです。メーカーにとっては、基本的に売れるかどうかが問題です。消費者の行動が変わらない限り、メーカーが変わることはありません。そう考えると、食品添加物の問題はなかなか難しいです。

おむつなし育児

  • 2014.07.05 Saturday
  • 17:19

少し前から、「おむつなし育児」が話題になっています。実践しているのは、まだ限られた一部の人たちですが、よく知られた雑誌にも取り上げられるなど、その名前は少しずつ知られるようになってきたように思います。

お産子育て向上委員会でも、数年前から年に何回かおむつなし育児をテーマにしたおしゃべり会を開いていますが、毎回定員いっぱいの参加があります。先日千葉市民会館で開かれた、おむつなし育児研究所所長の和田知代さんの講演会に行ってきましたが、そこにもたくさんの人たちが集まっていました。

おむつなし育児講演会
 

おむつなし育児とは、私の理解では、乳児期の赤ちゃんであっても、おむつの中に排泄するのが当たり前ではなく、できるだけおむつの外で排泄させようとする育児法のことです。赤ちゃんのちょっとした仕草から排泄のサインを読み取ったり、もうそろそろじゃないかしらと察知したりして、便所やおまる、お風呂場などに連れて行きます。早い人では産後すぐから始めることもあるようですが、だいたい生後2か月くらいから始める人が多いようです。

誤解のないように言っておきますと、おむつなし育児といっても全くおむつを使わないというわけではありません。実践している人でも、夜や外出時はつけることがほとんどのようですし、気候や体調等によってもおむつをつけたり、つけなかったりしているようです。

 

おむつなし育児の根本には、おむつの中に排泄するのは、誰であっても気持ちのいいものでは無いという考えがあるように思います。当たり前のことですが、赤ちゃんは自ら望んでおむつをつけているわけではありません。おむつをしないと、周りが大変なことになってしまうので、我慢してつけてもらっているのです。おむつなし育児は、その辛さをできるだけ緩和してあげたいということなのです。

 

時々、「おむつなし育児をやっていいことはどんなことですか?」と聞く人がいます。おむつなし育児は、もちろん赤ちゃんのためのものです。赤ちゃんが実際に口に出して言うことはありませんが、おむつの中に排泄して、そのままの状態でいることはとても辛いことです。明確な意思表示がなく、また赤ちゃんはおむつをするものという固定観念があるため、私たちは深く気にとめていませんが、赤ちゃんは決して平気だと言うわけでは無いのです。

おむつなし育児は赤ちゃんのためのものですが、周りの人にとっても良いことがたくさんあります。私自身はおむつなし育児の経験はないのですが、実践した人の話では、かなり早い時期におむつが外れるようです。おむつが早く外れれば、排泄の後始末の手間がなくなりますし、外出時の荷物も減って楽になります。また赤ちゃんをよく観察し、サインを伺う中で、赤ちゃんとのコミュニケーションも豊かになり、育児がより楽しくなるはずです。個人的には、おむつなしと肩肘を張らずに、布おむつ育児の延長線上のつもりくらいの軽い気持ちでやってみたら楽しくできるのではないかと思っています。

 

おむつが外れる年齢が昔に比べて上がってきているようです。以前は、遅くとも幼稚園に上がる前にはおむつを外しておくというのが一般的でしたが、今は幼稚園でおむつをしている子はそれほど珍しくなくなってきているようです。実際、以前はなかった大きなサイズの子ども用紙おむつが店頭で普通に売られています。また以前は、おむつはできるだけ早く外したいという考えが主流でしたが、少し前からおむつは年が上がれば自然に外れるものだから、無理にトイレトレーニングをする必要は無いという考えが広まるようになってきました。紙おむつが広く普及したことに加えて、こうした考えを持つ親たちが増えたことも、子どもたちのおむつが外れる年齢が上がってきている要因と考えられます。

 

おむつなし育児研究所の和田さんによれば、紙おむつ先進国のアメリカでは、小学生になってもおむつが取れないこともそれほど珍しくないとの事でした。このままいくと、いずれ日本でもそのような状況が訪れるかもしれません。2歳くらいまでは自律的な排泄は確立しないという学説が誤って理解され、2歳からトイレトレーニングをすれば充分という考えが広まったことも影響していると和田さんは指摘されていました。

 

いずれにしても、赤ちゃんはおむつをしていて当たり前、平気なのだと考えるのはよくありません。赤ちゃんは望んでおむつをしているのではありません。誰にとってもおむつは気持ちのいいものではありません。現在の生活環境を考えるとやむを得ないこととはいえ、赤ちゃんは自らの意思に反しておむつを余儀なくされ、仕方なくその不快感を受容しているのだと理解する必要があります。おむつなし育児に限らず、布おむつや紙おむつを使う場合でも、そのことを頭に入れておくことが一番大事なことです。

 

赤ちゃんはまだ話すことはできないかもしれませんが、とても賢くて、いろいろなことが分かっています。私がお父さんお母さんにお願いしたいのは、赤ちゃんの排泄にできるだけ気を配り、まめに便所やおまるに連れて行ったり、おむつが濡れていないかチェックしたりして、おむつの中に排泄したまま長時間放って置くことがないようにしてほしいということです。赤ちゃんが不快な思いをして辛いというだけでなく、そうした状態に慣らされることで、おむつが外れる時期が遅くなる可能性が高まることも心配されるのです。紙おむつの性能が良くなり、 2〜3回おしっこをしても外に漏れなくなったとしても、したことに気づいてそのままにしておくようなことはしてないように決してないようにしていただきたいです。

千円ヘアカットのお店で

  • 2013.11.18 Monday
  • 00:55
夕方、小6の次女の付き添いで、アリオの千円ヘアカットのお店に行きました。
私も時々利用しているお店です。日曜日で店内は混んでいたのですが、
中に20代くらいの女の人がお客として来ていたのを見つけました。

大体の客は男性か子どもで、たまに中年の女性の方がいるくらいです。
こんなに若い人がいるのを見るのは初めてで少し驚きましたが
考えてみれば、ちょっと切るのにいちいち何千円も払うのは
馬鹿らしいと思う女の人も当然いるだろうとも思いました。
まあ、実際にどう思って来ているのかは分かりませんが、
娘は、男ばかりじゃなくて良かったと喜んでいました。

ただ、店員さんは普通の人よりだいぶ気を遣っている感じで、
時間も長めにかけて、少し大変そうにも見えました。
カットが終わって帰るときに、店員さんがコートを渡そうとしたら、
女の人がくるっと背中を向けて腕を出したので、
思わず!?腕を通して着せていたのにはさすがに笑ってしまいました。
そういうお店じゃないのに・・・。

こういうお店は、既存の床屋からすると、かなり脅威に感じるのではないかと思いますが、
これで収益が出るのであれば、かなり優秀なビジネスモデルといえるでしょうから、
女性客の増加も含めて、今後もますます拡大していくのではないかと思いました。

 

香りの問題

  • 2013.10.31 Thursday
  • 21:41
柔軟剤の香りが原因で気分が悪くなったという苦情相談が増えているそうです。
国民生活センターによると、2012年度は2008年度の4倍以上だったそうです。
うちでも最近、ベランダで洗濯物を干していると、上下あちこちから甘ったるいような臭いがしてきて堪らなくなることがあります。寒い時期は窓を閉められるのでまだいいですが、夏になったらどうしようかと今から心配しています。

子どもが持ち帰って来る給食の白衣も、すごい臭いがして大変です。タバコの臭いが嫌いな女性は多いと思うのだけれど、ああいう臭いは平気なのだろうかと不思議に思います。

ところで、そういう臭いに一番敏感で嫌がっていた高校の長女が、最近いろいろと臭いのする物を使って困っています。
天然パーマの長女は、小さい頃近所の子にさんざんからかわれたせいで、とにかく髪をストレートにしたいという気持ちが強いらしいのですが、そのために使うシャンプー?みたいなものがとてつもなく臭って大変でした。
長女に「臭いからやめて」と言っても、とぼけてしばらく続けていました。そういう時もあるかと、数日は我慢したのですが、気分が悪くなってとても耐えきれず、なんで俺がこんなことに我慢しなくちゃいけないんだと思ったら怒りが湧いてきて、「今度使ったら携帯解約するから」と怒鳴ったら、やっとおさまりました。
いや、本当に臭いは我慢できないと思いました。大変な世の中になりました。

幕内秀夫さんの講演会

  • 2013.10.24 Thursday
  • 17:22


10月20日幕内秀夫さんの食育講演会「じょうぶな子どもをつくる基本食」を千葉市ハーモニープラザで開催しました。託児ボランティアの方も含めて総勢20名のスタッフで運営に当たりましたが、13時開場、13時半開演なのに12時50分からしか鍵がもらえず、時間的に本当に余裕がなく、最初から最後までバタバタでした。

私は司会とパソコン設定、音響・ステージ、幕内さんの対応などが主な仕事で、それほど忙しかった訳ではありませんが、やはり慣れないこともあり、大変だったというか、かなり疲れました。



あいにく大雨で、期待していた当日の参加者も少なめで残念でしたが、それでも100名ほどの方に参加していただきました。講演後に何人かの方とお話ししましたが、皆さんにとても良かったと言っていただき、うれしかったです。
個人的には、戦後の学校給食が今のような形になった経緯が分かるビデオを流したことが良かったと思っています。こうした話は、まだまだ知られていないので、驚いた方も少なくないかもしれません。

予定通り13時50分に講演会が終了し、 16時より1階の飲食スペースで参加者・スタッフによる交流会を開きました。私はステージと受付の後片付けをして、10分くらい遅れて会場に向かいましたが、幕内さんが参加していないにもかかわらず、 30名ほどの人が集まってくれたのには正直驚きました。テーブルの配置のことがあり、 2つのグループに分かれてしまったのは少し残念でしたが、参加された方と色々なお話ができて楽しかったです。四街道からグループできていた人たちが、四街道でも是非開催したいと話していたのには勇気づけられました。幕内さんも話していましたが、講演会を何回も開催していくことが大切で、こうした輪が地域にどんどん広がっていくことを期待しています。



ここ1〜2週間は、幕内さんの講演会のことにかかりっきりだったので、何とか無事に終わって正直ホッとしています。講演会は久しぶりでしたが、とにかく大変でした。今回はいろいろな方々にチラシを配っていただき、乗り越えられましたが、、うちが100人規模のを集めるのは容易ではないとつくづく感じました。集客力アップは永遠の課題です。市の後援をとることもそうですが、今回は本当に勉強になりました。

群馬県丸沼高原

  • 2013.10.05 Saturday
  • 22:44



もう先週のことになりましたが、日本製紙グループの森と紙のなかよし学校という小学生の体験教室に下の子どもたち2人と参加して、群馬県の丸沼高原に出掛けてきました。

1泊2日の旅行でしたが、とても良い天気に恵まれ、ハイキングや星空観察、紙漉き体験などをして楽しく過ごしました。

講演会の広報や準備など、やることがたくさん溜まっていて、気分的に乗らないところが少しあったのですが、旅行に行って清々しい空気を吸ったり、いい景色を眺めたりすることでとてもいい気分転換になり良かったなと思っています。

東京まで電車で1時間、その後バスで4時間と、片道計5時間もかかって大変でしたが、子どもたちも喜んでいました。私が一番良かったのは、久しぶりに温泉に入ったことかなあ・・・。